貞山運河とはみどころアクセス魅力再発見コラム写真集リンク

TOP  >>  貞山運河とは  >>  明治以降の歴史

明治10年、大久保利通らにより野蒜(のびる、東松島市)に近代的な港湾を作り、東北開発の中心とする野蒜築港計画が立てられました。当時の殖産興業政策に則り、お雇い外国人を雇って行う国家プロジェクトで、宮城県の野蒜のほか、熊本県の三角(みすみ)、福井県の三国(みくに)の3か所が選定されました。

この計画は明治11年に着工され、野蒜築港の付属設備として北上川と松島湾を直結する北上運河(きたかみうんが、13.9km、明治15年)と東名運河(とうなうんが、3.6km、明治17年)が新たに開削されました。北上川と北上運河の接点には石井閘門(いしいこうもん、明治13年)が設置され現在も現役です。

この計画に合わせて、南側の3運河については小型蒸気船を通すための大改修が行われました。明治17(1884)年にほぼ全線の開鑿と改修が完了、北上川から阿武隈川までの一本の「水の道」が完成し、「貞山運河」と命名されました。

築港本体は明治15年までに大規模な市街地と突堤が完成して運用が開始されるのですが、明治17年9月に来襲した台風で壊滅的打撃を受け、明治18(1885)年、明治政府は野蒜築港事業を放棄することになりました。これで、運河は事実上目的を失ってしまいます。明治20(1888)年に上野−仙台−塩竈間に鉄道が開通したことにより、ほとんど本格的な物資輸送に使われることがないまま、埋もれてしまったのです。

Copyright (C) 2008, The Association of Teizan Canal

inserted by FC2 system